品川の屋形船のルート

品川の屋形船のルート 品川には芝浦と呼ばれている場所がありますが、芝浦は屋形船の船宿が多くあるエリアです。ちなみに、品川駅の芝浦で口は、従来海岸線だった場所と言われており、現在は埋め立てが行われている関係からも、海までの距離は遠くなっていますが、昭和の初期頃には砂浜が広がる海だったわけです。芝浦を起点にしている屋形船のルートにはお台場や東京ゲートブリッジ方面や隅田川を周遊するコースなどがあります。

お台場や東京ゲートブリッジ周辺は夜景スポットとしても人気を持つ場所、屋形船を使えば夜景スポットに訪れることが出来る、海の上から東京の夜景を楽しめます。秋や冬時期などは空気が澄んでいるので、夜景もひときわきれいに診ることが出来ますし、隅田川は桜の名所でもあり、隅田川を周遊するルートを選んでおけば、春のお花見を屋形船から楽しめる魅力もあります。季節や出船する時間帯などに応じて色々な楽しみ方がある、乗合船も多くあるので家族連れやカップルなどでも利用出来ます。

品川エリアを起点とする屋形船の魅力とは?

品川エリアを起点とする屋形船の魅力とは? 東京湾を周遊する屋形船の魅力は、夕方からの出船の場合であれば東京の夜景を海の上から見物出来ることや船内で揚げた天ぷらを味合うことが出来るなどがあります。東京の屋形船は出船する場所に応じてルートが様々ですので、事前にどのようなルートを巡るコースになっているのかを船宿のホームページなどを使って調べておくのがお勧めです。品川を起点する屋形船などの場合は、お台場やレインボーブリッジへのコースを初め、羽田空港周辺を巡るものなど様々です。

羽田空港は現在国際空港として、数分おきに飛行機の離発着が行われていますが、羽田空港周辺を周遊する屋形船の魅力は、迫力ある飛行機の離発着を眺めながらのクルージングを楽しめることです。羽田空港は品川からも比較的近いので、沖合に停泊しておけば、数分毎に各国に飛び立つ飛行機、国内および海外から飛んで来た飛行機を眺めることが出来ますし、空港周辺では高度を下げて飛行しているので、迫力ある飛行機のシーンを見ることが出来ます。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>