屋形船の走行速度

屋形船の走行速度 屋形船は東京湾などのような湾内でクルージングを楽しんだり、波の穏やかな場所で停泊を行って食事を楽しめる娯楽船です。停泊を行う場所までは20分前後のクルージングになりますが、船宿を出発して目的地に到着するまでの間は、かなり速度を速めて走行するケースも多いと言えましょう。尚、この速度は自動車などと同じように規制が設けてあるのが特徴です。但し、高速道路などのような60キロなどのような標識が付いているわけではありません。

海上には大小様々な船舶が走行する場所もあるため、湾内ではゆっくりとしたスピードで走行する、大きな船舶が通行するような場所はスピードを落とすなどのルールが設けてあります。ちなみに、屋形船がある程度の場所までゆっくりと走行する理由は、指定エリアを超えるまではスピードを上げてはならないルールが設けてあるからです。規制範囲を超えたあとは、スピードを上げて目的地になる場所までクルージングを楽しめます。

屋形船の操縦に必要な免許と取得方法を知る

屋形船の操縦に必要な免許と取得方法を知る 屋形船は船で美味しい料理を楽しみがら遊覧ができることで人気となっており、花火の時期などにも多くの人に利用されています。
そして、こうした船を操縦するとなると資格も必要となりますので、どのような免許が必要なのかその取得方法も知っておきましょう。
まず屋形船を動かすためには小型船舶免許の特定操縦免許が必要となります。この免許は小型船舶に乗客を乗船させるために欠かせないものとなっています。
その取得方法も知っておきたいですが、小型旅客安全講習を受講すれば所得が可能です。
小型船舶免許は教習所やスクールで学科や実技の講習を受けて修了試験を受けます。この試験に合格すれば国家試験は免除されます。独学で学んで国家試験に挑戦するという方法もありますが、独学で実技を習得するのは難しいこともあり、実技はスクールで受講するという人も多くなっています。
実際に屋形船営業を行う場合は海上運送業の許可、届け出が必要です。海上だけではなく川や湖での営業の場合も同様の届け出を行うこととなります。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>